施工管理とはどんな仕事ですか?

ネットで簡単!施工管理の求人探し

施工管理の仕事内容や将来性はどうなのでしょうか。現状は求人が増えて売り手市場です。

ネットで簡単!施工管理の求人探しのメイン画像

施工管理とはどんな仕事ですか?

職業はみんなそのようなものですが、施工管理といっても実際にやってみるとイメージとは異なりハードです。

頭の良さも問われます。

求人状況を含めポイントをお話ししましょう。

〇施工管理は知識と肉体労働のハードな仕事。

施工管理とは、建設・土木業界をメインに工程管理や安全管理などを行う職業のことです。

管理全般にわたるので、その他にも品質管理、原価管理などが含まれます。

管理というと一般的には楽な役回りというイメージがありますが、仕事としてはかなりハードです。

専門的なキャリアと資格が必要で、簡単には現場で管理する役には就けません。

資格を得た上アシスタントからスタートします。

〇インバウンド需要・海外輸出で将来は手堅い。

今後の見通しとしては、国内ではインバウンド需要が5年はつづくとされており、大手ゼネコンに就職・派遣されれば海外赴任もあります。

施工管理の求人もこうした現状を踏まえて、語学留学をセットにした求人プランも出されています。

アシスタントで3年程度修行すると、その熟達度合いによって親方から現場監督の名を受けます。

そこからがキャリアの積み重ねであり、腕の見せ所となります。

施工管理は奥が深いので、どのような施工現場を何年経験したかなど、幅と奥行きの両方がその後の進路を決定づけます。

〇施工管理は職業としての将来性・安定性はあります。

求人に応募して派遣からスタートし見習いで一歩を踏み出すことも可能です。

施工管理は奥が深く幅も広いので、自分でしっかり目標を定めておかないとミスマッチが起きます。

正社員か派遣かから始まって、経験したい施工ジャンルなどを自分なりに固めておきましょう。

Google
www を検索 ネットで簡単!施工管理の求人探しを検索
(C) www.synergiamedia.net. All Rights Reserved.