施工管理の求人状況はどんな感じ?

ネットで簡単!施工管理の求人探し

気になる施工管理の求人状況。転職を考えているあなたに現状と転職の具体的なポイントを説明します。

ネットで簡単!施工管理の求人探しのメイン画像

施工管理の求人状況はどんな感じ?

施工管理の求人はこの3年で急増しています。

この波をうまく捉えれば転職も可能です。

ポイントをお話ししましょう。

〇施工管理でポイントになる3つのキーワード。

施工管理の求人は、この3年間で急増していることは事実です。

理由はマンション、ホテル、旅館などの建設ラッシュと地方各地の地盤・耐震強化による土木業の好況です。

施工管理の求人を主業務とする人材斡旋会社も増えました。

ネットで検索するとかなりの斡旋会社が出てきますので確認してみてください。

求人に応募する際のポイントは3つあります。

年齢、キャリア、年俸です。

現在は売り手市場ですから50代でも60代でも転職成功の可能性があります。

〇これからもインバウンド需要は5年つづく。

東京オリンピック・パラリンピックの需要に関してはほぼ満たされつつあります。

公共投資は半減したままですが、インバウンド需要に供給が追いついていないので、転職の狙い目はそこにあります。

この先、3年~5年は人材獲得合戦の状態が続くとされています。

質問に「時期をみて」とありましたが、時期というタイミングで転職をはかるならいまがその時期かも知れません。

〇施工管理の求人をうまくクリアするためには、自分の実績・キャリアを大事にすることです。

得意分野を売り込みましょう。

同じ施工管理の求人でも、応募の仕方によっては有利・不利の明暗がハッキリします。

年齢が若くキャリアが低く(3年未満)ても目標がはっきりしているなら、派遣採用の可能性があります。

高年齢でも特定分野のキャリアが深く管理レベルであれば求人クリア率が高くなります。

新人教育のための人員採用も活発です。

◇併せてご覧下さい…施工管理の求人知識あれこれ

Google
www を検索 ネットで簡単!施工管理の求人探しを検索
(C) www.synergiamedia.net. All Rights Reserved.