ダイヤモンドは鉱石の中でもっとも硬く形を変えないという事から、エンゲージリングなどに利用されることが多い石です。

女性にとって憧れのエンゲージリングに選ばれることが多いほか、自分へのご褒美としてダイヤを購入される方も多くなっています。

一口にダイヤのリングといっても、石の大きさ、形、アームなどのバランスやデザインによっても、全く違う印象となりますので、自分の指に会うリングを探すためにも重要なポイントとなります。

リングのアーム、地金は「アーム」といいます。

リングを付ける輪の部分を言いますが、ストレート、S字、V字、X字のほかに太目のアーム、細めのアームがあります。

ストレートは最もベーシックなラインでほかのリングとの重ねづけも素敵です。

S字はゆったりカーブを描いているラインで指をほっそり見せる効果があります。

V字は手の甲の方に向かってVの形をしているデザインで、X字は2本のリングが重なっているように見えます。

いずれも印象強いアームです。

細いアームは指が細い女性によく似合うアームで強い印象を与えないのでどんな時でもつけておけるデザインです。

太目のアームは指が太い方でも美しいラインになるので指が太い事がコンプレックスになっている方にもおすすめのデザインですし、男性にも違和感なくつけることができるアームとなっています。

ダイヤモンドをリングに設置するセッティングには、爪で一粒のダイヤモンドを支えているたて爪や爪を利用せずダイヤモンドをアームに埋め込むように設置している覆輪留めなどがあります。

たて爪はエンゲージリングなどに用いられることも多く、ダイヤモンドの光をもっとも効果的に魅せる事が出来るセッティングです。

たて爪の場合、リングの存在感が強く立体的な指輪になりますので、普段使いにはちょっと不向きです。

普段も付けておきたいという場合には、覆輪留めのように、アームに石が埋め込まれているデザインが邪魔をせずお勧めです。

こうしたダイヤモンドのセッティングによっては、メレダイヤを利用する事があります。

メインに大きめのダイヤモンド、その周りにメレダイヤをちりばめると非常にゴージャスな印象になります。

X字リングやV字リングによく利用されるセッティングとしてパヴェというセッティングもあります。

フランス語で石畳という意味を持つパヴェは、小さいメレダイヤなどの小粒のダイヤをアームにいくつも敷き詰めているようなセッティングで、こちらも華やかで印象強いセッティングのリングとなります。

アームやセッティング、利用する石の大きさ、デザインなどによって色々な表情を見せてくれるので、どんなシーンで利用したいのか、また自分の指に一番生える指輪はどんなリングになるのか、しっかり検討していきましょう。

●鑑定士のいる宝石専門店のサイト⇒ジュエリーカミネ